「平成30年7月豪雨災害」義援金のお礼とご報告


呉ライオンズクラブ
第64期会長 大下雅孝


謹啓 この度の平成30年7月豪雨災害におきまして、東京足立中央ライオンズクラブ、北九州髙塔ライオンズクラブ岩国錦ライオンズクラブ、東京立川ライオンズクラブの皆様より、心あたたまる義援金を頂き、メンバー一同大変感謝しております。呉LC会員を代表し心よりお礼申し上げます。


呉市では、豪雨による、河川の氾濫・土砂災害により、家屋倒壊、交通の遮断等甚大な惨害を受けました。当クラブメンバーにも、 家屋や事業所が全壊というメンバーもいます。今回皆様より頂きました義援金につきましては、例会で披露させて頂き、呉市のため有効かつ有意義に活用させて頂きました。災害より数ケ月経過し、呉市も少しづつ日常をとり戻していますが、今後も、呉ライオンズクラブは、奉仕団体として復興にむけての地域支援を継続して参りたいと思います。


この度の、ご厚情に感謝申し上げますとともに、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。



東京立川LCより、会長・尾崎様、緊急災害委員長・中野様が来呉され
この度の「平成30年7月豪雨災害」に対する義援金を呉LCがお預かりしました。
また、当クラブ会員14名が参加し、緊急災害時の活動等意見交換をし、
交流をしました。